社員紹介

社員紹介

file同じカテゴリーのページ

 

貿易実務関連業務 岡本社員 – 2017年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

貿易実務関連業務 岡本社員

 大学の会社説明会に参加したのがきっかけです。女性でも長く働ける会社だと思ったこと、人を大切にする会社なのではないかと思い入社しました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 輸出BPO営業所の海上チームに配属され、主に海上貨物の輸出に必要な書類の作成を行っています。海上貨物だけでなく航空貨物の書類作成や、請求書入力、返却書類のセットなど様々な業務に当たっています。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 先のことを見据えて優先順位をつけて動くよう心がけるようになったことです。また学生の頃と違い、様々な人との関わりがあります。自分のことだけでなく俯瞰して業務を進め、どれだけ信頼を得られるかが大切だということにも気づけたことです。

Q4:今後の目標は何ですか?

貿易実務関連業務 岡本社員

 常に疑問を持ちながら業務に当たり、輸出に関する知識を増やしていきたいです。今は優先順位のつけ方や最適な業務の進め方を学び、海上チームを束ねていくことが目標です。どの部署に異動になっても頼られる存在になりたいです。

 

貿易実務関連業務 尾野主任 – 2017年入社(中途)

Q1:入社した動機は何ですか?

貿易実務関連業務 尾野主任

 幼少期にアメリカに住んでいたことがあり、その頃から国際関係に興味がありました。将来は貿易に携わる仕事に就きたいと考え、大学卒業後は10年間、専門商社で輸入に関する仕事をしていました。さらに貿易の知識を深めたい、視野を広げたいという想いから、幅広い取引先様をサポートできる近鉄エクスプレスグループの一員である当社に、キャリア採用を通じて入社しました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 現在は近鉄エクスプレス輸出営業所にて航空・海上貨物のカスタマーサービスをしています。お客様をはじめ、関連会社や国内外の各関係部署と連絡を取り、集荷からブッキング、梱包、貨物処理、通関等の各種依頼と、BL・請求書作成、そして現地到着まで一連の手配を行う仕事です。同時に複数の部署と連携を取りながら出荷を進めるため、幅広い知識と機転を利かせた正確かつ迅速な事務処理能力が要されます。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 様々な種類の貨物を取り扱うため、各分野に関する知識が増えました。取引先である企業様が高い技術力を投じて製造した大切な製品を最良の方法で海外へお届けするために、製品ごとの特徴を把握し、近鉄エクスプレスの強みである輸送品質にこだわった手配を行うようになりました。また、通関に関する各種法令や航空法についての専門知識も求められるため、日々学びと成長を実感できる仕事です。

Q4:今後の目標は何ですか?

貿易実務関連業務 尾野主任

 通関士の資格を取ることです。カスタマーサービスの仕事を通して、貿易には様々な深い知識が必要だと改めて感じました。通関の知識を習得することで、よりスムーズで柔軟なお客様のサポートが可能となり、当社の強みも増すと考えています。常にお客様目線を大切に、質の高い仕事を行っていきたいです。

 

ロジスティクス業務 堤社員 – 2016年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

ロジスティクス業務 堤社員

 入社の動機は2つあります。1つ目は就職活動中に軸にしていた、物流や貿易実務の部門を持つ企業であることです。大学で英語を専攻していたため職種を絞る大きなポイントになりました。2つ目は大学の先輩が多く活躍していて、自分も組織の一員として戦力になるチャンスがあるのではないかと考えたためです。仕事内容や働き方に対するイメージの一致と、選考中にじっくりと話を聞いて下さったことが印象的で入社を決めました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 近鉄エクスプレスのターミナルにてお客様の物流部門の代わりとなる業務を行っています。具体的な業務内容は入庫(ターミナル搬入後の輸入貨物の受入)、製造(輸入製品を国内販売するための作業)、在庫管理(製品に適した形態や場所での保管)、出荷(ユーザー様への発送手配)があります。現在はデスク業務を担当していて、書類の入出力やお客様とのやりとりをメインに、日々改善に取り組んでいます。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 各業務に応じて必要な知識を身に付け、活用していることです。例えば、デスク業務を担当する以上はEXCELやACCESSが必要になると思い勉強しました。その結果、データ集計やリスト作成、在庫管理などの業務では時間短縮につながっています。また、教える立場となったときにも成長を実感しました。入社当時や配属後にインプットしたことをどのようにすれば簡潔、明瞭に最大限アウトプットできるかを考えるときは立場の違いを感じました。

Q4:今後の目標は何ですか?

ロジスティクス業務 堤社員

 今までは与えられた機会を乗り越えることで成長させて頂いたので、今後は自分から成長する機会を獲得したいです。また、デスクや現場の境無くどんな難題にも打ち勝てるように、これまでの学びや経験を糧に将来を見据えながら成長し続けたいです。そして、物流部門のプロとして国内外の物流や輸入貨物に関する知識をさらに深めて、時代の変化に対応できるよう改善の提案をしていきたいです。

 

通関関連業務 髙橋主任 – 2014年入社(中途)

Q1:入社した動機は何ですか?

通関関連業務 髙橋主任

 専門学校でエアカーゴコースを専攻し、IATAディプロマ*の取得や通関士の勉強を通じてフォワーダー業界に興味を持ちました。前職では、同業他社にて輸出通関業務に携わり、4年間程勤めていました。近鉄コスモスの事業に興味があり、また自分自身のさらなる飛躍を求めキャリア採用で入社しました。

 

 *IATAディプロマ・・・国際航空貨物取扱資格。航空貨物運送についての知識とスキルを認定する資格です。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 入社から現在まで、近鉄エクスプレスの輸入通関センターにて、航空貨物の輸入通関書類の作成業務を行っています。輸出入者の代理人として税関に申告する中で、取引書類の内容を見て、規制や各種法令に対して問題は無いかどうかの確認を行います。また、書類上の商品に対して国際条約で定められている10桁の品目コードを決定しなければなりませんので高い専門知識を要します。業務を通じて様々なお客様の商品を取り扱う中で、トレンドの商品や季節物などいち早く情報をキャッチできる事が面白い点でもありますが、その反面、情報の漏洩を防ぐため、守秘義務は守らなければなりません。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 入社当初は、個人の責任範囲のみで仕事をしていましたが、現在は、チームの中での中核として、様々な案件の対応や後輩の指導、チームマネジメントの役割を担っています。個々のリーダーとして「トップダウン」と「ボトムアップ」を担う事で仕事に対する視野が広がったと実感しています。

Q4:今後の目標は何ですか?

通関関連業務 髙橋主任

 通関士の資格取得です。会社の制度である社内教育や通信教育を活用しながら資格取得を目指しています。自身の将来像としては、貿易のプロフェッショナルとして、当社の事業に携わりたいと思っています。

 

物流サービス業務 菅原係長 – 2009年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

物流サービス業務 菅原係長

 海外での留学経験や、大学では英文科を専攻していた為、仕事をする上では英語力を活かせる業界で活躍したいと考えておりました。就職活動開始当初より、漠然と”貿易”や”国際物流“といったキーワードが頭の中に根強く残っており、物流業界・貿易商社・メーカーの選考も受けましたが、近鉄コスモスはその中の1社でした。採用面接で受けた印象や、面接時に説明頂いた各部署が取組んでいるサービス内容(現在、現部署でサポートしている海外イベント物流等)に興味を持った事が入社の決めてとなりました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 入社後、関西の事業所に配属され、人材派遣の営業に携わりました。2015年11月より、物流事業部門に配属となりました。現在の担当業務についてですが、東京ビッグサイトや、幕張メッセといった展示会場での出展社の貨物の搬出入作業を行うイベント物流業務や、協力会社倉庫での商品発送代行業務等に携わっております。年に数回ですが、海外イベントの物流業務で現地の搬出入作業を行うために、海外出張もしております。いずれの業務も作業現場では、チーム間・協力会社間とのチーム力が求められ、現場では、事故を未然に防ぐ為、打合せを入念に行い、緊張感を持って現場に臨んでおります。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 入社後、人材派遣や物流業務と様々な業務を経験しました。現在の担当業務は物流業務のデスクリーダーという位置付けですが、取扱うサービスの幅を広げる事や、新しいサービスを顧客に提案する事が日々の業務となります。案件数をこなす事が自信となり、日々の成長に繋がっていると実感しております。日々、取り組んでいる業務においては、形式的な業務作業の効率を上げるための改善策を社内へ提案・実施する事で、営業とデスクの軽減を図る等、チームで自発的に取り組みをしています。

Q4:今後の目標は何ですか?

物流サービス業務 菅原係長

 営業職という観点からの目標になりますが、大きな利益を残す様な案件を取る事!利益を生む仕組みを構築する事!業務の効率化を図る事!が現在の目の前の目標です。日々の業務に取り組みながら、新しい発想や提案で培った経験や知識に基づいて日々、販売・業務に取り組んでおります。また、上司・先輩方々にはまだまだ及びませんが、これまで各箇所において、素晴らしい先輩や、上司の方々に恵まれ、フォロー頂いてきました。後輩の方々や、新しく入社される方々にも同様に接していきたいと思っております。

 

フォワーディング業務 丹伊田係長 – 2008年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

フォワーディング業務 丹伊田係長

 大学時代に運送会社でアルバイトをしていましたので、当時から物流業界に興味がありました。アルバイト先の業務は国内運送だけでしたが、海外に興味があり国際物流の仕事に携わっていきたいと思い、大学のキャリアセンターを通じ、近鉄コスモスに応募しました。アルバイトをしている時から近鉄エクスプレスの事を知っていましたし、グループ会社という安定性があったので入社しました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 入社から現在まで、近鉄エクスプレスで輸出業務を担当してます。現在は、近鉄エクスプレスの施設で個々の貨物をULDに積み付け、航空会社に引き渡す業務のチームリーダーをしています。航空機の決められた枠の中で、重さや高さに合わせ最適な積み付けをプランニングする仕事を担当しています。航空会社への搬入時間までの間に貨物を積みつけなければならない為、時間配分を考えながらやっています。多い日にはULDを10枚~20枚組むので、チームワークが重要になってきます。チームには、登録スタッフや協力会社の方もいるので、コミュニケーションを大事に業務をしています。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 デスク業務も経験しましたが、現場で作業をしながら保税業務の知識が身についた事と、チームのリーダーになれた事だと思います。お客様からお預かりした貨物が時間通りに航空機に搭載できるよう時間配分を予測しながら、チームをどのように動かしていくか、リーダーになってから、責任を持って行動するようになりました。

Q4:今後の目標は何ですか?

フォワーディング業務 丹伊田係長

 現在までULD積み付けのチームでデスク業務と現場作業を経験してきました。他の輸出業務はまだ経験していないので、まだまだ知識が足りない部分もあります。どの業務にも精通できるように知識や経験を積極的に身につけていきたいと思ってます。

 

一般管理業務 東條主任 – 2007年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

一般管理業務 東條主任

 ビジネス系の専門学校に通っている時に、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)2003を取得しました。その資格を活かせるような事務系の仕事、また元々英語が好きで貿易にも興味があったので近鉄コスモスを受けました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 現在は、一般管理部門の総務部に所属しています。総務部の中では人事グループにおり、主に社員の勤怠管理や労務管理、給与計算業務と健康診断の受診申込や対応を行っています。入社1~2年目は、国内通販向けの商品管理や流通加工をしている営業所にいた為、総務部に異動した際は同じ会社でありながら、180度違う環境や多岐に渡る業務内容に驚きました。しかしながら、毎月の給与処理や年末調整などの人事ならではのイベントが終了した時の達成感は計り知れないものがあります。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 入社して11年、総務部に異動して9年が経ちます。その内の1年6ヶ月間、育児休業を取得し、2016年の10月に復職しました。
 一般管理の仕事は、社員や登録スタッフがお客様であり、また労務管理、給与業務など幅広い知識が必要となる為、毎日が勉強です。

Q4:今後の目標は何ですか?

一般管理業務 東條主任

 総務部=会社の顔でもあるので、もっと多くの知識を習得したいと思います。
 また、第1種衛生管理者の資格を取ろうと考えています。5年前に、第2種衛生管理者を取りましたが、総務部にいる以上、従業員の労働衛生を考える事は重要だと思うので、更に上のレベルを目指そうと考えています。

 

フォワーディング業務 髙橋主任 – 2006年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

フォワーディング業務 髙橋主任

 IT系の専門学校でネットワークに関する勉強をしていましたが、ITにこだわらず、色々な仕事、特に人材派遣の仕事や航空貨物を扱う仕事にも興味がありました。元々通っていた専門学校から近鉄コスモスに入社している先輩が多かったこともありますし、性格的に人と接する事が好きだったので、近鉄コスモスに入りました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 入社から現在まで、近鉄エクスプレスの成田ターミナルで輸出貨物の搬入受付から在庫管理、出荷業務をやっています。最近では、所内のジョブローテーションがあり、3~4年担当していた現場作業からデスクワークに変わりました。現場では、海外へ輸出する貨物の搬入確認や貨物の検量、検尺、在庫管理をしていましたが、今では、チームのリーダーとして、出荷する為のデータ入力や在庫管理、また近鉄エクスプレスの輸出営業所との問い合わせ対応を行っています。
 貨物ごとに航空機に搭載する時間が決まっている為、その時間に間に合うようにスケジュールをたてる業務をしています。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 現在の職場には、社員と登録スタッフ、そして協力会社の方がいます。多くの方がいる中でチームリーダーとして、責任感が強くなったと思います。業務を通じ、入社したての頃は、上司の指示に従うだけでしたが、年々どう考えて行動するか、また後輩にどのように指導をするか考えながら仕事をするようになり、入社してから確実に成長している事を実感しています。

Q4:今後の目標は何ですか?

フォワーディング業務 髙橋主任

 デスクになってからチームで仕事をしているので、職場環境を変えていければと考えています。メリハリのある良い雰囲気作りをしていきたいです。
 また、近鉄エクスプレスの輸出業務をしているので、経験した業務や知識を基に提案や改善をしていきたいと考えております。

 

営業 小松担当課長 – 2001年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

営業 小松担当課長

 小さい頃から洋楽が好きで将来は海外と関われる仕事に就きたいと考えていました。通関士の資格を取得するため入学した専門学校で、当社の社員が講師(委託)をしていたことや通関士コースの講師が近鉄エクスプレスのOBの方だったりと、身近に近鉄エクスプレスグループが存在していました。先生からの薦めもあり縁あって入社しました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 人材派遣の営業をしています。お客様から人材のご要請を頂き、詳細にヒアリングをして、マッチングする人材をご提案しています。日頃から契約先に定期訪問し派遣先とスタッフさん等の状況を確認し、安定した就業環境を構築する手助けも我々の仕事です。労務関係は幅広く法令が絡むため、トラブルにつながらないよう、知識を習得し誠実に対応することを心がけています。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 物事に一つ一つ大切に向き合う姿勢や覚悟を持つようになったことや、周囲には尊敬する人や支えてくれる人がいて、心から感謝できる人達がいるということをきちんと自覚できたことです。学生時代は部活動で部長を務める機会が多く、全体を見渡し自らが行動することが必然でしたが、今は本当に支えあっての自分があると思っています。

Q4:今後の目標は何ですか?

営業 小松担当課長

 現在は人材不足と騒がれていますが、AIなどIT化が進み、将来的には現在ある仕事の大半がなくなると言われています。反面、なくならない仕事としてメンタルヘルスのケアや教育関連があげられています。これは現在担当している業務の知識や技術であり、より専門的な知識を習得していかなければならないと考えます。ここ数年で、当社の規模も大きく成長していますので、自分の基盤をしっかりと固めて貢献したいと思います。

 

営業 和田担当課長 – 1997年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

営業 和田担当課長

 私は、学生のころから航空機にとても興味がありました。専門学校では「AIR CARGO学科」に所属し、そこで学んでいくなかでますます航空貨物業界に興味が湧いてきました。就職活動の際、専門学校の就職課の先生に相談したところ、それならと薦められた会社が「近鉄コスモス」でした。そして希望通り入社することができました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 現在、人材派遣営業部名古屋営業所で、人材サービスの営業を担当しております。営業職を始めて3年目なのでまだまだ学ぶべきことも多く日々奮闘しております。その中でも当社従業員とのコミュニケーションを重視し、信頼関係を構築していくことを心がけて取り組んでおります。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 1997年の入社から2015年まで、航空輸出貨物を取扱う貨物ターミナルで勤務しておりました。そこから一気に職種が変わり営業職へ。自身の社会人経験の中でもとても刺激的でした。営業職をきっかけに物事の見方・考え方が変わり大きく成長することができたと実感しております。

Q4:今後の目標は何ですか?

営業 和田担当課長

 業種上、いろいろな方と接する機会があります。日々お会いする皆様からたくさんの影響を受けて更に成長するとともに、経営理念の一文にもある「全ての方々の笑顔を創造していく」を実践していきたいと考えております。