社員紹介

社員紹介

file同じカテゴリーのページ

 

営業事務 舟越社員 – 2019年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

営業事務 舟越社員

 物流業界には元々興味があり、就職活動も物流業界をメインに活動をしていました。
 以前当社に勤めていた知人から、当時の仕事内容や職場の雰囲気など詳しく知る機会がありました。その話を聞き、自分もそこで働きたいと思い近鉄コスモスに入社しました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 人材派遣事業の販管部門にてデスク業務を行っています。主な業務は、WEB媒体へ求人情報の掲載、応募者・求職者へのヒアリング(希望条件、現在までの職歴の聞き取り等)、契約社員面接の受付・日程調整を行っています。
 その他にも、就業中の派遣スタッフや社員の勤怠管理、契約書や請求書の発行など様々な業務も行っています。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 入社当初は、Excelでのデータ作成やメール対応など、業務について分からないことだらけで、ミスも多くありました。電話対応や派遣登録のヒアリングで言葉遣いが危ういこともありましたが、上司や周りの方々に教えて頂くことで、徐々にミスも減っていき、今では業務の一部だけですが一人で対応できるようにまで成長しました。

Q4:今後の目標は何ですか?

営業事務 舟越社員

 人材派遣事業をメインに業務を担当していますが、まだまだ派遣業について知らないことがあるので、これからも仕事を行いつつ知識を増やしていきたいと思います。また、並行して貿易業務についても学び、これからの業務に役立てていきたいです。

 

貿易実務関連業務 尾野主任 – 2017年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

貿易実務関連業務 尾野主任

 幼少期にアメリカに住んでいたことがあり、その頃から国際関係に興味がありました。 将来は貿易に携わる仕事に就きたいと考え、大学卒業後は10年間、専門商社で輸入に関する仕事をしていました。 さらに貿易の知識を深めたい、視野を広げたいという想いから、幅広い取引先様をサポートできる近鉄エクスプレスグループの一員である当社に、キャリア採用を通じて入社しました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 現在は近鉄エクスプレス輸出営業所にて航空・海上貨物のカスタマーサービスをしています。 お客様をはじめ、関連会社や国内外の各関係部署と連絡を取り、集荷からブッキング、梱包、貨物処理、通関等の各種依頼と、BL・請求書作成、そして現地到着まで一連の手配を行う仕事です。 同時に複数の部署と連携を取りながら出荷を進めるため、幅広い知識と機転を利かせた正確かつ迅速な事務処理能力が要されます。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 様々な種類の貨物を取り扱うため、各分野に関する知識が増えました。取引先である企業様が高い技術力を投じて製造した大切な製品を最良の方法で海外へお届けするために、製品ごとの特徴を把握し、近鉄エクスプレスの強みである輸送品質にこだわった手配を行うようになりました。また、通関に関する各種法令や航空法についての専門知識も求められるため、日々学びと成長を実感できる仕事です。

Q4:今後の目標は何ですか?

貿易実務関連業務 尾野主任

 通関士の資格を取ることです。カスタマーサービスの仕事を通して、貿易には様々な深い知識が必要だと改めて感じました。 通関の知識を習得することで、よりスムーズで柔軟なお客様のサポートが可能となり、当社の強みも増すと考えています。 常にお客様目線を大切に、質の高い仕事を行っていきたいです。

 

通関関連業務 志賀社員 – 2018年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

通関関連業務 志賀社員

 学生時代に国際系の学部に通っていて、海外と関われる仕事に興味がありました。中でも物流の仕事は情報が発達した現代でも社会や生活に不可欠な仕事なので、貿易関係の仕事に携わりたいと思っておりました。選考を受けていく中で、近鉄コスモスは社員一人一人に真摯に向き合う会社だと強く感じたため入社を希望致しました。

Q2:現在の業務内容を教えて下さい。

 現在は近鉄エクスプレスの輸入通関センターにて輸入通関書類の作成を行っております。インボイスを基に作成を行うのですが、複数のお客様を担当しているため、取り扱う貨物の種類も多岐に渡ります。HSコードという国際貿易で取り決められた商品番号を決定し、他法令が関わってくる場合は、その都度関係書類をチェックしなくてはいけないため、専門的な知識が求められます。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 入社当初は輸入通関書類を一件作成するのにも時間を要しておりました。しかし、先輩社員に疑問点を質問・確認するようにした結果、最近では徐々に幅広いお客様の通関書類の作成に取り組めるようになりました。通関する貨物の詳細や材質等、申告にあたって確認しなければいけない内容を理解出来るようになり、この仕事に求められる専門的知識が少しずつですが身に付いてきました。

Q4:今後の目標は何ですか?

通関関連業務 志賀社員

 まだまだ経験や通関知識が足りないと実感することが多々あるため、日々の業務に取り組みながら自分の糧になることを吸収して成長を続けたいです。

 時代が大きく変動していく中で、法律や国際情勢も変化しているので、将来的にはどのような通関にも対応が出来る柔軟性や対応力を習得し、会社とお客様へ大きな貢献ができるような人材になることを目指していこうと思います。

 

ロジティクス業務 佐々木社員 – 2013年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

ロジティクス業務 佐々木社員

 学生の頃からIT系に興味があり、情報処理専門学校に通いました。近鉄コスモスは、人材派遣事業(貿易事務や通関業務など)や、BPO事業(輸出入貨物を取り扱う業務)など、さまざまな仕事があります。自分が得意とするITスキルに業務知識を組み合わせて活用することにより、自身の成長に繋げることが出来ると考え、近鉄コスモスに入社しました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 近鉄エクスプレスのターミナルにおいて、輸入貨物に関わる入出荷および在庫管理業務を担当しています。アメリカ、中国から輸入された制御装置やスキャナー等の入荷確認を行った後、お客様からの指示に基づき、運送会社と協力して確実に指定場所へ納品できるよう配送手配を行っています。
また、RPA(ロボットによる業務自動化))やVBAを活用した社内システム開発と保守を行っています。お客様からお預かりした膨大な入出荷データを1日おきに自動抽出するRPAシステムの構築、手入力を行っていた作業を自動的に入力するシステムなど事務作業の自動化に取り組んでいます。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 入社当初は、電話対応が上手く出来ず、仕事のミスも多かったため、毎日周りの先輩方に助けてもらってばかりでした。現在は仕事を少しずつ覚え、後輩社員に仕事を教えていると、先輩方に「成長したね」と声をかけてもらい自身の成長を実感しました。

Q4:今後の目標は何ですか?

ロジティクス業務 佐々木社員

 まずは自身のIT知識やRPAを使用して、事務作業の自動化による生産性と作業精度の向上を進めたいと思います。そして、業務全体をより良くすることで会社の成長に貢献していきたいです。

 

物流サービス業務 菅原係長 – 2009年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

物流サービス業務 菅原係長

 海外での留学経験や、大学では英文科を専攻していた為、仕事をする上では英語力を活かせる業界で活躍したいと考えておりました。就職活動開始当初より、漠然と”貿易”や”国際物流“といったキーワードが頭の中に根強く残っており、物流業界・貿易商社・メーカーの選考も受けましたが、近鉄コスモスはその中の1社でした。採用面接で受けた印象や、面接時に説明頂いた各部署が取組んでいるサービス内容(現在、現部署でサポートしている海外イベント物流等)に興味を持った事が入社の決めてとなりました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 入社後、関西の事業所に配属され、人材派遣の営業に携わりました。2015年11月より、物流事業部門に配属となりました。現在の担当業務についてですが、東京ビッグサイトや、幕張メッセといった展示会場での出展社の貨物の搬出入作業を行うイベント物流業務や、協力会社倉庫での商品発送代行業務等に携わっております。年に数回ですが、海外イベントの物流業務で現地の搬出入作業を行うために、海外出張もしております。いずれの業務も作業現場では、チーム間・協力会社間とのチーム力が求められ、現場では、事故を未然に防ぐ為、打合せを入念に行い、緊張感を持って現場に臨んでおります。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 入社後、人材派遣や物流業務と様々な業務を経験しました。現在の担当業務は物流業務のデスクリーダーという位置付けですが、取扱うサービスの幅を広げる事や、新しいサービスを顧客に提案する事が日々の業務となります。案件数をこなす事が自信となり、日々の成長に繋がっていると実感しております。日々、取り組んでいる業務においては、形式的な業務作業の効率を上げるための改善策を社内へ提案・実施する事で、営業とデスクの軽減を図る等、チームで自発的に取り組みをしています。

Q4:今後の目標は何ですか?

物流サービス業務 菅原係長

 営業職という観点からの目標になりますが、大きな利益を残す様な案件を取る事!利益を生む仕組みを構築する事!業務の効率化を図る事!が現在の目の前の目標です。日々の業務に取り組みながら、新しい発想や提案で培った経験や知識に基づいて日々、販売・業務に取り組んでおります。また、上司・先輩方々にはまだまだ及びませんが、これまで各箇所において、素晴らしい先輩や、上司の方々に恵まれ、フォロー頂いてきました。後輩の方々や、新しく入社される方々にも同様に接していきたいと思っております。

 

フォワーディング業務 丹伊田係長 – 2008年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

フォワーディング業務 丹伊田係長

 大学時代に運送会社でアルバイトをしていましたので、当時から物流業界に興味がありました。アルバイト先の業務は国内運送だけでしたが、海外に興味があり国際物流の仕事に携わっていきたいと思い、大学のキャリアセンターを通じ、近鉄コスモスに応募しました。アルバイトをしている時から近鉄エクスプレスの事を知っていましたし、グループ会社という安定性があったので入社しました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 入社から現在まで、近鉄エクスプレスで輸出業務を担当してます。現在は、近鉄エクスプレスの施設で個々の貨物をULDに積み付け、航空会社に引き渡す業務のチームリーダーをしています。航空機の決められた枠の中で、重さや高さに合わせ最適な積み付けをプランニングする仕事を担当しています。航空会社への搬入時間までの間に貨物を積みつけなければならない為、時間配分を考えながらやっています。多い日にはULDを10枚~20枚組むので、チームワークが重要になってきます。チームには、登録スタッフや協力会社の方もいるので、コミュニケーションを大事に業務をしています。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 デスク業務も経験しましたが、現場で作業をしながら保税業務の知識が身についた事と、チームのリーダーになれた事だと思います。お客様からお預かりした貨物が時間通りに航空機に搭載できるよう時間配分を予測しながら、チームをどのように動かしていくか、リーダーになってから、責任を持って行動するようになりました。

Q4:今後の目標は何ですか?

フォワーディング業務 丹伊田係長

 現在までULD積み付けのチームでデスク業務と現場作業を経験してきました。他の輸出業務はまだ経験していないので、まだまだ知識が足りない部分もあります。どの業務にも精通できるように知識や経験を積極的に身につけていきたいと思ってます。

 

一般管理業務 星社員 – 2015年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

一般管理業務 星社員

 海外留学を経験し、英語を活かせる仕事をしたいと考えていました。当初は、留学斡旋会社を考えていましたが、知り合いから貿易関係はどう?と言われたのがきっかけでした。日本では様々な外国製品を見ることが当たり前となっていますが、その製品がどのような経緯で国と国、人から人へ渡るのだろうかと興味を持ち、この業界で幅広く事業を展開している近鉄コスモスに入社しました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 現在は総務業務部の人事グループに所属しており、主に社員の勤怠管理や給与計算、産休・育休関連の業務を行っています。また、人事グループには年末調整などのイベント業務が年一回あるので日常業務と並行して取り組んでいます。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 一つ一つの問題に対して、どのように解決をしたら良いのかを考える力がついたことです。この問題はこう解決するというような一通りの方法だけでなく、別の手順だったらどうか、関連している業務はあるかなど、様々な角度から問題解決を考えられるようになりました。

Q4:今後の目標は何ですか?

一般管理業務 星社員

 現在は育児のため、短時間勤務制度を利用して勤務しています。復職後に感じたことは、以前は手作業で行っていた多くの業務がデジタル化の導入により、ボタン一つで出来るようになっていたことでした。そのため、業務の知識も必要となりますが、デジタル化に負けないような能力や柔軟性が必要になってきていると感じています。短時間勤務中のため、日々限られた時間の中で、自分にしか出来ないやり方で社員やスタッフをサポートしていくことを目標に日々取り組んでいきたいと思います。

 

フォワーディング業務 村瀬社員 – 2015年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

フォワーディング業務 村瀬社員

 就職活動時に、私たちの生活の中にある当たり前は物流によって支えられていることを知り、物流業界に興味を持ちました。物流業界を中心に就職活動を行っていて、その中の1社が近鉄コスモスでした。近鉄コスモスでは航空貨物の取り扱う仕事のみならず、人材派遣事業、BPO事業など業務内容が多岐にわたり、さまざまなことに挑戦できると思い入社を決めました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 入社から現在まで、近鉄エクスプレスの成田ターミナルにおいて、輸出貨物の取り扱いに従事しており、貨物の搬入受付から在庫管理、出荷業務を担当しています。
主に、出荷する貨物の検量・検尺情報の入力や近鉄エクスプレスの輸出営業所からの問い合わせに対応しています。また、出荷する貨物毎に、各航空会社への搬入締切時間がある為、貨物の処理状況などを確認し、搬入時間に間に合うよう業務の調整を行っています。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 入社当初は上司の指示に従い、業務に追われるだけの日々でした。現在は自ら考え、先回りをして行動することができるようになりました。入社5年目になり、後輩社員に指示をしたり、また質問を受けたりと、頼られる回数が増えることで成長を実感しています。

Q4:今後の目標は何ですか?

フォワーディング業務 村瀬社員

 成田ターミナルでは、当社従業員のみならず、お客様や協力会社の方もいる為、コミュニケーションを大事にして円滑に業務を進めていきたいと思っています。また、入社してからデスク業務以外の業務を経験していないので現場業務など他の輸出業務を経験し、業務知識の幅を広げていきたいです。

 

営業 小松課長 – 2001年入社

Q1:入社した動機は何ですか?

営業 小松担当課長

 小さい頃から洋楽が好きで将来は海外と関われる仕事に就きたいと考えていました。通関士の資格を取得するため入学した専門学校で、当社の社員が講師(委託)をしていたことや通関士コースの講師が近鉄エクスプレスのOBの方だったりと、身近に近鉄エクスプレスグループが存在していました。先生からの薦めもあり縁あって入社しました。

Q2:現在の業務を教えて下さい。

 人材派遣の営業をしています。お客様から人材のご要請を頂き、詳細にヒアリングをして、マッチングする人材をご提案しています。日頃から契約先に定期訪問し派遣先とスタッフさん等の状況を確認し、安定した就業環境を構築する手助けも我々の仕事です。労務関係は幅広く法令が絡むため、トラブルにつながらないよう、知識を習得し誠実に対応することを心がけています。

Q3:入社して成長したと実感することはありますか?

 物事に一つ一つ大切に向き合う姿勢や覚悟を持つようになったことや、周囲には尊敬する人や支えてくれる人がいて、心から感謝できる人達がいるということをきちんと自覚できたことです。学生時代は部活動で部長を務める機会が多く、全体を見渡し自らが行動することが必然でしたが、今は本当に支えあっての自分があると思っています。

Q4:今後の目標は何ですか?

営業 小松担当課長

 現在は人材不足と騒がれていますが、AIなどIT化が進み、将来的には現在ある仕事の大半がなくなると言われています。反面、なくならない仕事としてメンタルヘルスのケアや教育関連があげられています。これは現在担当している業務の知識や技術であり、より専門的な知識を習得していかなければならないと考えます。ここ数年で、当社の規模も大きく成長していますので、自分の基盤をしっかりと固めて貢献したいと思います。